あそこが臭い方の特徴は?

あそこが臭いがちな方に共通して見られる傾向を紹介していきます。

 

性病に見舞われると強い臭いが漂いやすくなる

「そもそもあそこには臭いがあるじゃないですか?」
と思うかもしれませんし、確かにその通りではあるのですが、
ここで紹介していくのは、通常のレベルを大幅に超えた悪臭についてです。

 

例えば、性病が誘因で悪臭がしてしまっている場合は、非常に強烈なものになります。

 

 

あそこの異臭を招く性病は?

あそこの異臭を招く性病は、主に、カンジタ膣炎、クラミジア、トリコモナス等です。
これは、細菌由来の感染症です。
しかしカンジダ菌への感染が誘因のカンジタ膣炎に関しては、性感染ではない場合が大半です。

 

カンジタ膣炎は、膣内に常に存在しているカンジタ菌が異様に繁殖する事が誘因で発生します。
ですから、発症までのプロセスが「本人」だけで完結するパターンが大半という事ですね。

 

ただ、どうあれカンジタ膣炎に見舞われた場合のあそこの悪臭は、相当酷いものです。
普通に椅子に座っているだけでも、服越しに異臭が明確に分かる事が大半です。

 

また、カンジタ膣炎のそれよりは軽度だそうですが、
クラミジアに見舞われた際にも、同系統の嫌な臭いに襲われる可能性が高いです。
そして、トリコモナスに関してもやはり同様です。

 

 

異臭だけでは正確な判別は不可能

「異臭はない。つまり、性病じゃないですね」と安心してしまうのは、少し早いです。
残念ながら、異臭のほとんど付随しない性病もあります。
具体名としては、梅毒、エイズ、淋病等がそれに該当します。

 

一方、子宮頸がんに襲われると、かなりの高確率で酷い悪臭に見舞われる事になります。
ちなみに「すそが」と名付けられている、酷い悪臭をあそこに纏わせる症状も存在します。

 

つまりは「あそこの悪臭」という基準だけでは
「危険である」という事は分かっても「危険がない」とは、
言い切れないという事になりますね。

 

悪臭が気になった折にすぐに医療機関に出向くのは当然ですが、
臭いがしなくても、最低限自分の体調等には目を向けておかなければなりません。

 

 

臭い以外のサインもある

性病に見舞われた場合は、おりものの発生分量がアップする事も多いです。
ですから、あそこ自体と言うよりは、
その多めのおりものが誘因で悪臭が漂ってしまっている場合も多々あります。

 

つまり性病やその他の病気でなくても、おりものが多い女性は、あそこが臭う傾向にあるとも言えますね。
ですから、あそこの悪臭を消したいのであれば、おりものをどうにかする事も大切という事ですね。

 

「あそこそのもの」そして「おりもの」の両方に気を配りながら、悪臭ケアに取り組みましょう。

 

臭いが原因で恋が終わることもある

男性から振られた事がある方は、もちろん大勢いると思います。
そして、なぜ振られたのか全く分からないという場合は、
実はあそこの臭いに要因があったのかもしれません。

 

 

あそこの悪臭で恋が終焉を迎える?

一般的な男性であれば、少し気になる事があるからと言って、
いきなり女性を振るような事はしないはずです。

 

しかし裏を返せば「本当に我慢できなくなるまで言い出してくれない」
とも表現できるわけです。それに、そもそも言ってさえくれないかもしれません。
つまり「女性が自分で悟らなければならない」という面もかなりあるという事ですね。

 

 

理由も分からずデートの回数を減らされた

「ちょっとギクシャクしている」ですとか「心変わりしているっぽい」などならば、
デートの回数が減ってしまうのは、納得できなくとも理解はできるはずです。

 

そうでないならば、1度「自らのあそこの臭い」の事を気にしてみて下さい。
信じられないかもしれませんが、決して見逃してはならない要素です。

 

自分の臭いには気付きにくいものです

普通に日々を過ごしていて、自分自身のあそこの臭いに気付くのは困難です。
もし自分でも気になるのであれば、それはよっぽどの事ですので、
もしかしたら医療機関などに行った方が良いかもしれません。

 

ですが「分からない」と嘆いている訳にもいきませんので、
まずはトイレの際や入浴中に自分のあそこの臭いをチェックしてみましょう。

 

 

鼻を接近させているわけでもないのに、臭いが気になるようなのであれば、
接近させた場合はかなりの異臭を覚える事になるはずです。

 

デートからそういった営みに発展する事もあるでしょうし、
あまり会ってくれなくなるのも自然な流れだと言えます。

 

 

パンツ類の臭いをチェックしましょう

入浴時やトイレの際に臭いが分からなくても、油断しない方が良いかもしれません。
1日着用したパンツの臭いを自分で嗅いでチェックしてみるのがお勧めです。

 

もちろん、発汗が多くジメジメしやすい場所ですから、全く臭いがしないという事はないはずです。
ただ、臭いがあまりにも酷かったり、普段からは考えられないような臭いがする場合は、
状況はかなり悪いと言えますので、何らかの対策を取りましょう。

 

 

ここまでの方法で臭いに問題がないのであれば、ほぼ大丈夫です。
残念ながら、という表現が正しいのかは分かりませんが、
恋愛の障害は何か別の部分にあるのでしょうね。

 

あそこのメラニン沈着を除去するハイドロキノン

彼氏とのせっかくの楽しいはずのデートも、いざというときに、自分の「黒ずんだアソコ」のことを想像すると、
その楽しみも半減し、むしろ不安のほうが大きくなってしまうという女性も意外と多いようです。

 

そんな悩みを解消してくれるかもしれないのが、ハイドロキノンという成分です。

 

まずはハイドロキノンの成分について知ろう

ハイドロキノンが女性のアソコの黒ずみを解消することができるとウワサされていることを、すでに知っている女性もいるかもしれません。

 

黒ずみに悩む女性にとっては、非常に頼もしい成分であることは間違いないでしょう。
ただ、ハイドロキノンがいったいどんなものなのかということを知らなければ、
いくら効果が高くても、不安のほうが大きくなってしまうことでしょう。

 

ハイドロキノンは安心・安全の天然成分

ハイドロキノンというと、イメージ的には何か難しい化学薬品という印象もありますが、
実際には、ハイドロキノンは紅茶などの飲料や食品などにも含まれる天然成分なのです。

 

その安全性は、すでに医療機関などでも認められており、特に欧米の医療機関では、
このハイドロキノンを治療薬として使用しているところが多いです。

 

ハイドロキノンの効果は?

ハイドロキノンは、あそこ黒ずみの解消はもちろんですが、シミやシワの除去にも効果があるといされる、
美容科や皮膚科の分野ではかなりマルチな効果を発揮します。
ハイドロキノンが黒ずみを解消する理由は、黒ずみの原因となるファクターを取り除くことができるからです。

 

ハイドロキノンの効果について知ろう

女性のアソコが黒ずんでしまうその原因は、黄色人種の肌の色の濃さ、
黒さを決定するメラニンの生成にあります。

 

メラニンが色素沈着を起こすことで、肌の黒ずみが起こります。
しかも、女性のアソコは比較的黒ずみを起こしやすい構造になっているのです。

 

 

ハイドロキノンにはメラノサイトを減少させる効果がある

黒ずみの原因となるメラニンを生成するのは、メラノサイトと呼ばれる色素細胞です。
脱毛などのようにメラニンだけを攻撃(除去)することで、表面上の黒さは解消されますが、
女性のアソコの色素沈着のような状況では、メラニンだけを対処の対象としても大きな効果は見込めません。

 

そこで、メラニンだけでなく、メラニンを生成するメラノサイトに何らかの対処をする必要が生じます。
ハイドロキノンは、メラノサイトの細胞自体を減少させる効果が高いのです。
それが、女性のアソコの黒ずみには非常に大きな効果として現れるのです。

 

肌に残ったメラニンの除去もこなす

もちろん黒ずみの根本的な原因となるメラノサイトの細胞数の減少は、
黒ずみ対策としては非常に効果的です。

 

ただ、すでにメラニンが生成されてしまっている分に関しては、いくらメラノサイトの細胞数を減らしたところで、
メラニンが自動的に減ってくれるわけではありません。

 

とすると、すでに生成されたメラニンにも何らかの対処をしなければ、黒ずみの解消にはつながらないことになります。
しかしハイドロキノンはそういった状況にも見事に対応してみせるのです。
実は、ハイドロキノンには、すでに生成されてしまったメラニンを除去する効果も見込むことができるのです。

 

ですから、ハイドロキノンの効果が作用することによって、現在の悩みであるアソコの黒ずみは解消され、
その後新たに黒ずみが発生するリスクも最小限にとどめることができるのです。

 

ただし、ハイドロキノンも非常にパワーが大きい成分ですので、
副作用には十分注意して使用する必要があります。この点だけは留意して使用してください。

 

あそこの臭いを消す膣洗浄のメリット

何事もいいことずくめではないのが世の中の事象ですから、
メリットがあれば、その反面でデメリットがあります。

 

ここではとやかく話題になる膣洗浄のメリットがテーマですが、
デメリットがないわけではありません。

 

しかし、膣洗浄にはあそこの臭いを改善するメリットが大きい割にはデメリットが小さいことは事実でしょう。

 

膣洗浄であそこの臭いが減る

生理は1ヶ月30日の3分の1から4分の1にあたる期間で、その前後を含めた期間は、
女性には心身ともにストレスがかかります。
生理期間中には、デリケートゾーンを清潔に保つ必要がありますが、
その間に直面するのが臭いの問題です。

 

生理中ではなく、生理の終わりかけに膣洗浄で膣の中に残った経血を洗い流すことで、
生理特有の臭いを軽減することができます。

参考元:あそこの臭い

 

 

膣洗浄にはやはり専用のビデが良い

生理中の経血やおりものを洗い流すというと、ウォシュレットのビデ機能を思いつきます。
事実、トイレのビデを利用する人は多いようです。

 

しかし、使ったことのある人はお分かりかと思いますが、
ウォシュレットのビデでは、大陰唇や小陰唇などの外陰部はきれいにできても、
膣の中の洗浄はできません。
膣の中を洗浄するのにはやはり市販の使い切りビデや携帯ビデなどが有効です。

 

 

膣洗浄に効果が期待できる洗浄器

現在、さまざまな種類の膣洗浄器が市販されています。
ですから一体どのようなものが良いのかと、選ぶのに迷うでしょう。
そこで膣洗浄の本来の目的を考えてみますと、
その目的は不要な生理の経血を洗い流すことです。

 

実はここが難しいところで、それは膣内には雑菌などの繁殖を抑える常在菌がいるからです。
つまり、膣内をきれいにする時にこの善玉の常在菌までも洗い流すと、
膣の自浄作用が低下して、雑菌が繁殖するので、かえって異臭が強くなるのです。

 

そこでおすすめは、膣内を洗浄しながらも、
必要な常在菌は残しておくというタイプの洗浄器です。
そうすれば膣洗浄はメリットがあっても、デメリットはないことになります。