ノワーレの口コミ

妊娠線が出来る割合はどれほど?

妊娠するとどうしても気になるのが「妊娠線」。
自分のことだけでなく、どうしても周囲の妊婦さんのことまで
気になってしまうものです。

 

いったいどのくらいの人に妊娠線が出来ているのだろう…と。

 

実はこの妊娠線、一般的に7割以上の人に発生すると言われています。
出来ない人の方が圧倒的に少なく、珍しいですね。

 

もちろん、出来方は様々で、あまり目立たないものやかなり目立つものもあります。
ですので、気になるほどひどい人の割合は7割よりも、少ないでしょう。

 

多くの人がなっているからといっても、やはり自分の肌はきれいに保ちたいもの。
出来る限りの努力で妊娠線の全くない肌でありたいですね。

 

 

「妊娠線」は、見た目を一言で表すと肉割れという感じです。
妊娠後、お腹やその他の皮膚に亀裂が入っているものを妊娠線といいます。

 

 

 

その様は、触ると凸凹になっていて、赤紫色っぱい色で、細かな波状の線で、
ひどいものは自分でも診難い感じです。

 

長い線だと15センチくらいにまでなるので、かなりはっきりと目立ってしまいます。
さらにこの線が一本だけではなく、何本も出来てしまうことも多いのです。

 

薄っすら数本程度ならまだ良いですが、ミミズ?と思えるほどの太さで
たくさん出現すると、温泉や海水浴など人前で肌を露出する機会の多い場所へ
行くことが恥ずかしくなってしまいます。

 

肌がキレイで自慢だった人だとなおさら恥ずかしく、ショックを受けてしまうでしょう。
自信喪失で性格まで変わってしまうことがあるというから軽視出来ませんね。

 

 

さらに、あまりにも妊娠線がひどくてショックのあまり、
マタニティーブルーになってしまう人もいます。

 

女性として何だかとても大切なものを失ったような気さえして、
子供はかわいいものの、何もしたくないといったような鬱に似た
状態になることもあるそうなので辛いですよね。

 

体と心は一体化しているものです。
たかが妊娠線だなんて軽く考えていると思いもよらないことになってしまうことも。

 

妊娠線くらいなどと考えず、予防できる部分はきちんとしておきたいですね。

 

 

100%予防が出来るというわけではないものの、たとえ出来てしまったにしても、
軽く済ませることが可能なのです。

 

出来てしまってからの、最悪な事態からではそれを消してしまうことは出来ません。
出来るだけのケアは事前に行っておきたいですね。

 

page top