ノワーレの口コミ

妊娠線が出来やすい体質と出来にくい体質

妊娠線は、体質によって出やすさが異なります。
何にもケアしていなかったのに、何も気にすることなかったという人、
一生懸命ケアしていたのに、妊娠線が出てしまったという人。

 

ノワーレの口コミを見ても効果に差がでるのはこういった理由もあります。

 

どちらにしても、妊娠線ケアをすることは、無駄だったということはありません。
ですから、みなさんにおススメしたいものです。

 

どういった体質の人に、妊娠線が出やすいのか。
これを知ることで、自分がどうなのかを判断出来、対策もしやすいですね。
たとえ、妊娠線が出来てしまったとしても、ケアしていなかったらもっと
ひどかったのだろうと思えるのではないでしょうか。

 

どういった体質だと妊娠線が出来てしまう傾向にあるのか、しっかりみていきましょう。

 

 

妊娠線が出来やすい体質とは

 

・乾燥肌
・血行不良
・リンパの流れが滞り気味
・皮膚の伸縮性が良くない
・皮下脂肪が多い
・肥満体質である

 

上記のような体質に一つでも当てはまるという人は、一般的に妊娠線が出来やすいようです。

 

 

この場合、保湿ケアを怠らず、クリームやオイルで栄養成分を補給。
更に体重管理を続けることが必要です。

 

皮膚の弾力や伸縮性が失われることで、妊娠線が出来てしまいやすいので
徹底した管理を頑張りたいですね。

 

中には、自分がどういった肌なのか体質がわからないという方もいるでしょう。
そういう人は、あかぎれやひびわれなどが出来ないかどうかで判断できます。

 

肌の乾燥が原因で皮膚が裂けてしまうという特徴があると、
妊娠線が出来やすい体質だといえます。

 

肌が弱いという方は特に、気をつけてケアしていくことをおススメします。

 

一度妊娠線が出来てしまうと、体質によってはなかなか消せないという人もいます。

 

虫刺されなどの跡がいつまでも残っていて消えないという人がいますね。
そういった体質の人は、妊娠線もなかなか消えないようです。
消えないからこそ、作らないようにケアの徹底を心がけていかないといけません。

 

 

妊娠線の出来にくい体質は

 

・肌の保湿力が高め
・皮下組織に柔軟性あり
・リンパ、血行の流れが良い

 

上記の体質の人には妊娠線が出にくいといえます。

 

例外として、もともと皮下脂肪が少ない人などだと、妊娠することで脂肪が増え、
皮膚に負担がかかってしまうことになって、妊娠線が出来やすくなることもあります。

 

妊娠線が出にくい体質だからと油断せずに、きちんと最低限のケアをすることで
自己管理をしていきたいですね。
あくまでも「出来にくい」ということなので、絶対に出来ない保証があるわけではありません。
妊娠線ゼロを目指して出来ることはしておいたほうが良いでしょう。

page top